性感染症への意識

 pills and flower

クラミジアは性感染症の中でも感染報告が多いものです。
しかし、クラビットやジスロマックといった、優秀な治療薬がどんどん開発されていることもあり、安心して治療に臨むことができるようになりました。
とはいえ、クラミジアによる症状は軽いものではありませんし、他人へと感染してしまうというのも軽視できるものではありません。
クラビットやジスロマックで治療することができるとは言っても、やはり1人1人が性感染症に対する意識をもっと高める必要があるでしょう。

性感染症は性行為を感染経路として感染する、と言われています。
もちろんこれはそのとおりなのですが、最近では口などにも感染することをご存知でしょうか。
オーラルセックスのようなプレイがふつうとなりつつある現代だからこそ、口への感染報告が増えているのです。
また、性感染症被害を増やす原因として挙げられるなかに、不特定多数の異性と関係を持つ、というのもあります。
目に見えず、本人も自覚していることが少ない性感染症だからこそ、無闇に多くの異性とセックスをすべきではないです。
クラミジア感染の危険が増すことはもちろん、感染した場合に感染源を特定することが困難になってしまいます。
感染源がわからないままだと、また新たな感染者が出てしまう危険があるのです。
クラビットやジスロマックによって治療ができるとはいえ、そもそも感染しないために意識することが重要なのです。